2022.8.5更新

ガラス科学技術研究会


    
 ニューガラス産業の基盤となる「ガラス基礎技術の発展と普及」を目指し、大学・公的研究機関・企業における「ガラス技術の新たな展開や、顕著な進展に関する話題」を取り上げるとともに、企業における「最近の製品化事例」などを交えながら、企業(メーカーとユーザー)の発展に不可欠な「科学的理解と基礎技術の深化」について産学官が考え議論する場、あるいはニーズとシーズの出会いの場とします。対象とする基礎技術の範囲は、ガラス素材創製、ガラス構造、ガラス表面、溶融・成形・加工技術、計算機科学などが含まれますが、評価技術については除外します。年間4回開催予定で、第2回および第4回は評価技術研究会と合同で開催します。       

主査東京都立大学大学院都市環境科学研究科 教授梶原 浩一
幹事産業技術総合研究所無機機能材料研究部門 高機能ガラスG北村 直之
日本電気硝子株式会社基盤技術部加藤 嘉成
HOYA株式会社MD部門 HOML マテリアルG徳光 秀造

2022年度第1回 ガラス科学技術研究会のお知らせ

< 終了しました >


 「高温融体と関連物質の構造・物性と解析技術の展開」

 
1. 日時:2022年7月13日(水)13:00~16:10

2. 場所:オンライン開催(ZOOM利用)

3. プログラム
 (1) 事務連絡 13:00~13:05
 (2) 開会挨拶 13:05~13:10
     梶原 浩一 ガラス科学技術研究会主査(東京都立大学 教授)
   
 (3) 講演
   講演① 13:10~14:05(講演45分、質疑応答10分)
   「ケイ酸塩融体の物性と構造の相関(粘度、熱伝導度)」
     助永 荘平 先生(東北大学 多元物質科学研究所 准教授)

   【要旨】
      溶融ケイ酸塩の粘度や熱伝導度は、溶融法によるガラス製造プロセスにおいて、融液の流動性や
     温度分布を理解する上で不可欠な物性値である。本講演では、ガラス材料や金属材料の製造、
     放射性廃棄物のガラス固化プロセス等で重要な多成分系ケイ酸塩融体の粘度と熱伝導度を
     対象とし、測定手法や物性の組成・温度依存性、構造との相関について紹介する。

   講演② 14:05~15:00(講演45分、質疑応答10分)
   「高温その場ラマン分光測定法:ケイ酸塩結晶/ガラス/メルトへの応用」
     神崎 正美 先生(岡山大学 惑星物質研究所 教授)

   【要旨】
      高温その場ラマン分光法を使ったケイ酸塩結晶/ガラス/メルトのラマンスペクトルの測定方法
     について解説する。地球科学分野で行われている実験方法の詳細(顕微ラマン分光装置や
     簡易加熱装置の自作方法など)について紹介する。結晶については相転移やソフトモードの
     観察結果、ガラス/メルトについてはこれまでに研究されている局所構造情報(Q種分布や
     ボソンピークなど)についてお話しする。

      ---------   休   憩 ( 10分 )  ----------

   講演③ 15:10~16:05(講演45分、質疑応答10分)
   「微小重力環境と静電浮遊法を利用した高温酸化物融体の熱物性計測」
     石川 毅彦 先生(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所学際科学研究系 教授)

   【要旨】
      クーロン力を用いて試料を浮遊させる静電浮遊法は、浮遊力の擾乱が最も少なく、融体の様々な
     物性を測定するのに適した方法です。地上ではこの方法法を用いて高融点金属など、容器を用いた
     通常の方法では測定が困難な融体の測定が可能です。一方、酸化物は試料の帯電が少なく、
     地上では浮遊が困難です。そこで重力が非常に小さい国際宇宙ステーションにこの装置を持ち込み、
     酸化物融体の物性計測を行っています。講演では、その概要を紹介します。
   
 (4) 事務連絡 16:05~16:10

4. 参加費について
    会員企業の方   : 10,000円
    会員外企業の方  : 20,000円
    官学の研究者   :  1,000円 <年間登録者無料>

5. 参加申込み
     次の①~⑥の事項を記入の上、2022年7月8日(金)までに 下記宛 e-mailにて
    お申込み下さい。なお、お申込み多数の場合には、調整させていただく場合がございます。
     ①氏名(フリガナ)
     ②所属(会社名・部署)
     ③E-mailアドレス
     ④住所
     ⑤TEL番号
     ⑥参加を希望するセミナー・研究会名
  
  【申込み先】 
   一般社団法人ニューガラスフォーラム
   セミナー研究会窓口(yamamoto@ngf.or.jp) 担当:小路谷
   〒169-0073東京都新宿区百人町3-21-16日本ガラス工業センター2F
   TEL:03-6279-2605 FAX:03-5389-5003